コンセントが部屋の一方にしかなく、延長コードを使わないといけない

特にコンセントの位置は気にしていませんでした。6畳の部屋では、上左端・下右端と言った感じでコンセントがあり、特に問題はありませんが、18畳の部屋は上左端・上右端にしかコンセントがなく、下側にはコンセントがありません。

下側でコンセントを使いたい場合は、延長コードを使い、上側から持ってこなくてはいけません。

そのため、まず不便です。延長コードを使うと景観も良くないですが、線が邪魔になります。

また、中には、延長コード経由では電圧が持たない電気機器もあり、それが使えません。

一度やってみたことがありますが、延長コードが溶けてしまい、危うく火事になるところでした。

失敗としては、その部屋で電気をどう使うか考えてなかったので、コンセントの位置まで頭になかったことです。

実際に住んで、使いたいと思うまで気づきもしていませんでした。

使い勝手のよいところにコンセントの位置があるか確認し、ない場合は予め業者に伝えておけば、景観も損なわれず、使いやすいところにコンセントを設置できたと思います。

家具の配置、部屋の導線、陽当たりなどには興味がいき、確認すると思いますが、コンセントなんて近くにあって当然ぐらいの感覚だったので、全く気にしてなかったのが、失敗の原因だと思います。

もっと詳しく⇒https://鶴見区注文住宅.net/