睡眠不足は危険

睡眠不足は危険、どんなに忙しい仕事でも仮眠をとるべき

睡眠不足は危険、どんなに忙しい仕事でも仮眠をとるべき

 

睡眠不足は大変危険な事だと思います。

 

警察や消防、看護師、医師などの職業は大変な仕事ですが、
徹夜が多いです。

 

間違いがあったら、大変危険なのに睡眠がとれなかったりするのです。

 

徹夜で仕事をしていたら、ミスを犯しやすいでしょう。
どんなに忙しくても仮眠をとらせてほしいです。

 

睡眠がとれないと、仕事のミスも危険ですが、体にも悪い事がおこります。

 

鬱になりやすかったり、太りやすくなって
メタボリックシンドロームにもなるのです。

 

地震などの非常事態であっても、少しの仮眠はとらせてほしいです。

 

しかし、実際には徹夜仕事が多いのです。
少子高齢化で、子供の数は減るばかりです。

 

売り手市場である今は公務員になる人も少なく、給料に
見合わない仕事は人気がなくなっています。

 

なくてはならない仕事なのに、仮眠をとることも出来ず、常に睡眠不足の
状態で給料が安いとあってはやりたい人もいなくなると思います。

 

睡眠は大切ですから、せめて仮眠が
必ずとれるようになってほしいと思います。

 

年齢と共に身体が欲する睡眠スタイルは変化します!

 

若い時には本当に良く眠れたものです。

 

寝だめはできないそうですが、寝ても寝ても眠かった時がありました。

 

そして、寝る間際まで食べて、眠くなったら寝るということが可能だったことも。

 

胸焼けすることもなく、食べたいだけ食べて、
眠りたい時に眠っていたものです。

 

それが今は昔。

 

少し余分に寝れば、肝心な時に寝つきが悪くなることが
当たり前になりました。

 

また、寝る間際まで食べていたら、苦しくて眠るどころではありません。

 

そう、これは年齢と共に睡眠スタイルが変化することが理由なのです。

 

身体に適した睡眠スタイルを承知していれば、
寝過ぎることも寝不足になる事もありません。

 

また、寝る何時間前に食事を済ませれば、
快適な入眠を迎えられることも熟知してきます。

 

歳を重ねるということは、自分の睡眠スタイルをもコントロール
できるようになるということ。

 

どれくらいの睡眠を心掛ければいいのかが解るようになれば、
それは立派な大人の女性の証。

 

そうなりたいものですね。