睡眠との上手な付き合い方

睡眠との上手な付き合い方とは!?

睡眠との上手な付き合い方を紹介しています!

 

皆さんは最近きちんと眠れていますか?

 

睡眠と、起きている時間とは、密接に関係していると思います。

 

睡眠がきちんととれていないと、充実した生活は送れないし、
逆に、日中充実した生活を送れていないと、気持ちの良い
睡眠もとることができません。

 

私はそのことを身をもって体感しました。

 

私は、元々入眠も、睡眠も特に問題がなくできていたので、
これといって特に深く考えたことはありませんでした。

 

しかし、去年の夏に転職をして、新しい会社に就職したことをきっかけに、
周りの環境が一気に変わるという出来事がありました。

 

周りの人も初対面で、仕事も慣れないことばかりで、
知らず知らずのうちにストレスがたまっていっていました。

 

そのころから急に、毎日夢を見るようになりました。

 

入眠は問題なかったのですが、毎日夢を見ることに
違和感を感じました。

 

そして、徐々に疲れがたまってきて、毎日夢をみることによって、
眠りが浅くなってきちんと睡眠がとれていないことに気づきました。

 

このようなことは初めてだったので、毎日の睡眠も、
日々の生活に関わっているんだなと実感しました。

 

仕事に慣れ始めてからそのようなことはなくなりました。

 

よく眠れない期間は本当に体がだるくて辛かったので、
睡眠の大切を身をもって知りました。

 

良い睡眠のために寝室の環境整備をしよう

 

よい睡眠は健康の元です。

 

良い睡眠のためには、寝室のコンディションを整えることも大事ですね。

 

一般的に、人が熟睡できるのは真っ暗闇ではなくてほんのちょっとだけ
灯りがある状態だそうです。

 

月明かりや星明かりの元で眠っていた頃の名残なのでしょうか。

 

現代だったら常夜灯を使うのがよいですね。

 

都会に暮らしているなら窓から差し込む街灯の光などで
十分に灯りがとれているかもしれませんが。

 

室温と湿度も大事です。

 

病院などでは、夜間の室温は20度くらいを目安に
環境整備しているそうです。

 

湿度は低すぎると寝ている間に喉をいためてしまうので
乾燥が気になる時期は加湿することも大事です。

 

寝具や寝室を清潔に保つ、というのも重要ですね。

 

お気に入りの布団を揃えても、洗濯や日干しをしないと
湿気がたまって不快な環境になってしまいます。

 

シーツや枕カバーは1週間か2週間に1回は
交換してすっきりと寝れる環境を保ちたいですね。

 

また、よい香りはリラックス効果があります。
香りグッズを使って寝室の環境を整えるのもよいですね。