一番眠いと思う時に寝ることで良い睡眠を取れる

一番眠いと思う時に寝ることで良い睡眠を取れる

一番眠いと思う時に寝ることで良い睡眠を取れる

 

「今、すごく眠い」と感じる瞬間が時々あるかと思います。

 

眠ってはいけないような状況でも眠りたくって仕方ないと
思ってしまうこともありますね。

 

このようなどうしても眠りたい時を大切にすることが
良い睡眠を取ることにつながると思います。

 

なぜなら、そういう時は身体が「今が一番良い睡眠を
取れそうなタイミング」と伝えてくれている時なので、それをすばやく
感じ取って、自分が素直に受け止めた方が良いからです。

 

どうしても眠ってしまうとまずいタイミングもあると思いますが、
それほどまででもなければ、どうにかして少しでも時間を取って、
短時間で良い睡眠を取ることを大切にするといいと思います。

 

例えば、電車の中で座っている時に電車の揺れが気持ちよくて、
眠くなるなんてことがありますね。

 

こういう時にほんの一瞬でも眠ると、すごくスッキリするでしょう。

 

良い睡眠をとるためには必ずしも長く睡眠を取る
必要はありません。

 

わずか20分以内の短い時間の中で取る睡眠でも
身体も気持ちもかなりリラックスができます。

 

睡眠不足で心が不健康になった体験

 

睡眠不足は心と体の健康に大きく影響しますね。

 

私も睡眠不足が原因で自分でも「やばいな」と
感じるような心の不調に陥ったことがあります。

 

一度目は高校生の頃です。

 

ちょっとした好奇心から睡眠時間を4時間にする生活に
チャレンジしていました。

 

意外と平気で「活動時間が伸びていいな」と
思っていたのですが、数か月目から心身に不調を
感じるようになりました。

 

体の不調は貧血です。

 

そして、体の不調よりも深刻だったのが心の不調です。

 

極端に睡眠時間が短い毎日を送っていると、
今日と明日の境目がどんどんあいまいになっていきます。

 

そのままだと心がおかしくなりそうだったので、
ちゃんと睡眠時間をとるようにしました。

 

2回目は働き始めてからです。

 

仕事が忙しくて睡眠不足が続いていたのですが、
ある朝起きるとすごく自然に「死にたい」と考えていたことが
あります。

 

睡眠不足がたたって鬱っぽくなっていたのかもしれません。

 

仕事が落ち着いてよく眠れるようになるとそういう
気持ちはなくなりました。

 

心の健康のために十分な睡眠が大事ですね。