クヨクヨ悩むよりも常に楽しい事を思い出して

クヨクヨ悩むよりも常に楽しい事を思い出して

クヨクヨ悩むよりも常に楽しい事を思い出した方が
グッスリと眠れると思います。

 

仕事やプライベートでどうもスッキリしない事があると、
それがいつまで経っても気になり続け、しまいには
睡眠にまで悪影響が出てしまうといパターン、良くありますよね。

 

もちろんその殆どが寝付きの悪さや寝不足という形で
現れてしまうものなのですが、あまりに神経質になり過ぎると
やがては不眠症に陥ってしまう等、より重大な症状に
発展してしまうリスクをも秘めていますから、十分注意しなければなりません。

 

私も半年ほど前にプライベートでとある悩みがあり、
深く考え込み過ぎてしまって一時は入眠障害や早朝覚醒といった
不眠症の症状が出てしまった事があったのです。

 

あえてその根本の原因となる出来事や問題を考えず
頭をあえて空っぽの状態にし、むしろそれ以前の非常に
楽しかった頃の思い出や体験で満たす事により、
何とかそれらの症状を抑え込む事が出来たケースがあります。

 

考え方や発想の切り替えが最も重要となるのですが、
どうしても不安やストレスが頭の中から消えない場合は
軽い入眠剤のお世話になる事も考えた方が良いでしょう。

 

むしろ最悪の場合、入眠剤という最終兵器があるんだ、
という考えを持つ事により大きな安心感を得る事が出来、
驚く程スムーズに入眠出来るケースもあるのです。

 

私自身不眠の症状を改善するに当たりメンタルヘルスを受診し、
軽い入眠剤を処方してもらったから言える事なのです。

 

もちろん前述のメンタルの持ち方に関するアドバイスも、
その際に担当の先生から教わった大変有意義な方法であり、
今でも不安が大きくなった時に実践しているのです。

 

眠れないなら銭湯へ

 

どうして眠れないのか理由はわからないけれど眠くならないときは
銭湯へ行きます。

 

もう開き直ってしまうのです。

 

私が通っている銭湯は深夜2時くらいまで営業しているので
いつまでも眠くならないときは出かけてしまいます。

 

家にいても眠れないときは家から出るのも良いことですよ。

 

いろんな事情があって家にいると眠れないと思うことがあります。

 

そういうときは迷うことなく銭湯へ。
そのために銭湯で使うバスタオルやシャンプーなどは
あらかじめ用意しておきます。

 

用意していないと今から浴室まで行ってあれこれ用意するのかと
思うだけで面倒くさくなってしまいますから・・・。

 

いつでも出かけられるように銭湯セットを用意しておくと
サッと出かけられるので便利です。

 

私は銭湯で汗を流して満足すると家に帰ってすぐ
眠れることがほとんどですよ。

 

お腹が空いていても食べることは我慢します。
食べない方が眠れることが多いですし深夜に
食べるのは身体に悪いですから・・・。