昼寝のし過ぎて悪循環

昼寝のし過ぎて悪循環になる事もある!?

昼寝のし過ぎて悪循環になる事もあるのでしょうか?

 

長期休暇の間、お金もなかったので、ともかく昼寝ばかり
していたときがありました。

 

すると夜中までまったく眠くならなくて、ベッドに入っても
眠れないので、ついついスマホでゲームをしたり、海外ドラマを
一気に見たり、夜中過ぎてまで起きているようになりました。

 

寝るのが夜が明けてきたころなんてのもザラ。

 

そうした生活はそれはそれで楽しくて、特に海外ドラマを
見るのは楽しくてどっぷりハマりました。

 

これはこれで楽しい休暇だと思いながら出社したところ、
昼寝ばかりしていた時間になると瞼が重たくて、
つらくて仕方ありませんでした。

 

昼休みはランチにいかずに、机でコンビニ弁当を食べて、
つっぷして寝ることにしました。

 

つきあいが悪くなってしまったけど、もう耐えられないんです。

 

帰宅してからは、早めに寝ようと思っても目が冴えて
眠れません。

 

結局またスマホで動画を見たり、ドラマ感想ブログを
見て回ったり。

 

悪循環で仕事の効率が落ちて上司にまで
叱られてしまいました。

 

昼寝からはじまった睡眠の悪循環。もうこりごりです。

 

午睡は、数秒でも数分でも

 

規則正しく睡眠時間十分な生活を過ごしている人でも、
襲ってくるのが昼食後の睡魔ではないでしょうか。

 

私は年齢の上昇と共に悩まされ続けていました。

 

若い頃は気にならなかった睡魔ですが、午前中働いて、
待ちに待った昼食をしっかり摂り、お茶を飲んだその後、
椅子に座っているとついうとうとしてしまいます。

 

堪えられていた時もあったのだと思いますが、この頃は
お任せで眠ってしまうことにしています。

 

そのきっかけが、我慢したけどついつい数秒間寝てしまい、
ああ、失敗と思った瞬間目覚め、その時、何ともいえない
爽快感があることに気づいたからです。

 

ましてや意識もはっきりしやる気も増してくるのです。

 

こんなに有益な睡眠なら我慢する必要がないし、
午後の仕事のためにぜひ必要なことです。

 

ですから、この頃は数秒といわず5分間ぐらいまでは
寝てもいいかなと思っています。

 

姿勢は据わったまま積極的に目を閉じています。

 

午睡は決して惰眠ではありませんが、寝過ぎはいけません。

 

決めた時間を越えない範囲で適度な時間を取ることを
お勧めします。

 

余談ですが、数秒の眠りは、退屈な会議や上司の
訓話の時間にも有効です。

 

睡魔が襲ってきた時には我慢せず、積極的に
目を閉じると早めに睡魔が去っていきます。

 

どうぞお試しください。

 

睡眠環境を整えよう。カーテンと照明

 

睡眠をとるためには寝室の環境を整えるのが大事ですね。
私も最近カーテンと照明を変えました。

 

私の寝室は東側に窓があるのでカーテンが必須です。

 

引っ越してからしばらくはカフェカーテンだけで過ごしていたのですが、
朝になると日が差し込んできて、早朝に目が覚めてしまうので
しっかりしたカーテンをつけました。

 

逆に、スッキリ早起きしたいときはカーテンを
開けておいてもいいかもしれませんね。

 

また、最近寝室の照明を変えました。

 

シーリングライトを購入したのですが、これが睡眠のために
よい効果をもたらしてくれそうです。

 

最近買ったシーリングライトは光の色と量をリモコンで
操作できます。

 

真っ白な光にもできるし、オレンジ色の光にもできます。

 

昼間は明るい白い光、夜は夕暮れのようなオレンジ色の光、
という風に使い分けると、自然な睡眠リズムを整えるのにも
役立ちそうです。

 

おやすみタイマーという機能もついていたので、
寝る前に使ってみようと思います。

 

カーテンや照明は睡眠の質に大きく影響しますね。

 

睡眠不足で不安な毎日をぐっすり毎日に変える

 

皆さん、夜はしっかりと眠れているでしょうか。
夜にしっかりと眠り、朝は爽やかに起きて、お仕事も捗る…なんて、
理想ですよね。

 

とはいっても良い睡眠をとれている人は少数だと
言われています。

 

寝付くのが遅かったり、夜中に何度も目覚めたり、
朝方に目が覚めてしまいそのまま眠れないとか…。

 

不眠と言っても様々な種類があるとこが分かります。

 

私は寝付くのが遅いという不眠タイプでした。

 

小学生の頃からで、お布団に入るのが21時。
寝付くのが3〜4時間後という生活でした。

 

学生の頃ならば何とかなりますが、社会人になったらそうも
言ってもいられません。

 

眠れるようになるために、
部屋の電気を徐徐に暗くしていく。
落ち着く音楽をかける。

 

ストレッチをする。

 

ホットミルクを飲む。
など様々なことを試してみました。

 

それでストンと眠れるときもあれば、眠れないこともあります。

 

やはりストレスがあるとそれにばかり気持ちが向いてしまい、
なかなか入眠まで至らないということが多々ありました。

 

どうしたかというと、精神科の門を叩きました。
正直、初めは睡眠薬に抵抗がありました。

 

が、今の睡眠薬はどんどん改良が重ねられていて、
危ないことはないというお話でした。

 

 

そして、そのような睡眠薬に限って精力が衰えてしまうようです・・・。

 

 

そうなってしまうと、ただでさえ夜の営みが少ない我が夫婦は回数が
極端に減ってしまうのではないでしょうか。

 

そんな時は、マカDXのサプリメントがおすすめです!

 

なぜなら、体にリスクなく精力をアップする効果が期待できるからです。

 

 

 

 

少子高齢化に影響されて夜も過ごす!?

脳卒中については、脳の内側にある血管で血流が滞ったり、その事により破裂したりする疾病の総称であります。いくつかのタイプに分けられますが、とりわけ多いのが脳梗塞だそうです。
少子高齢化に影響されて、それでなくても介護を職業とする人が全然足りていない日本の国におきまして、後々尚のことパーキンソン病患者が増え続けるというのは、危機的な案件になるに違いありません。
健康診断をして、動脈硬化を生じさせる要素が見られるのか見られないのかを明確化して、あまりよくない因子が見つかるようなら、出来るだけ早く生活習慣を見直し、健康体になるように気を付けて行動してください。
糖尿病と言ったら、インスリンが生成されにくい「1型糖尿病」も存在するのです。この病気は自己免疫疾患だと定義されているようで、遺伝的な要因が緊密に影響しているそうです。
うつ病に罹っているのかどうかは、そんなに簡単には判別できないものなのです。短期的な心の面での落ち込みや、働き過ぎが元凶の元気のない状態を目撃しただけで、うつ病であると診断することは困難です。

痒みが出る疾病は、諸々あるらしいです。力任せに掻きむしると痒さが激化しますので、出来る限り掻かないで、一刻も早く専門クリニックに出向いて痒みを止めてもらうことが必須だと思います。
心筋梗塞は寝起きの時間帯に発現することが多いとのことなので、布団から出たら、さしあたりグラス1杯ほどの水を摂りいれることを自己ルールにして、「就寝中に濃くなった血液を薄くする」ことが求められるとのことです。
ノロウイルスが元凶の食中毒などは、いつも見受けられるようですが、一際冬場に多く見られる症状です。人の体を解して口から口へ移るのがほとんどで、腸で増殖するとされています。
大概の女性の方々が困惑しているのが片頭痛らしいです。解消できない痛みは、心臓の鼓動に呼応するようにガンガンくることがほとんどで、5時間〜3日位断続するのが特色だと指摘されます。
心臓疾患の中におきまして、動脈硬化が元凶となる虚血性心疾患は、次第に多くなっているようで、その中の急性心筋梗塞は、約20%の患者さんが亡くなっています。

各々に合致した薬を、担当の医者が必要なだけの量と期間を考慮して処方するということになります。適当に、量を減少させたりストップするようなことはせずに、指示を守って飲むことが不可欠です。
急性腎不全に関しては、実効性のある治療をして貰って、腎臓の機能を悪化させた要因自体を排することができるのなら、腎臓の機能も元に戻ることもあり得ます。
徹底的にリハビリを行ったとしても、脳卒中の後遺症が残ることも想定されます。後遺症として目立つのは、発声障害又は半身麻痺などだと聞いています。
鼻で呼吸ができないという症状に悩まされていませんか?放っていたりすると、更に悪化して合併症に繋がる可能性もあります。引っかかる症状に冒されたら、医者を訪問すべきです。
睡眠障害というと、睡眠にかかる病すべてを色々と指す単語で、夜中の睡眠が損なわれるもの、頭が冴えわたっているべき時間帯に目が重くなるものもそれに該当します。

 

 

喘息と聞けば

 

花粉症軽減用の薬等々に混入されている抗ヒスタミン成分は、くしゃみないしは鼻水は沈静してくれますが、眠くなることを覚悟しなければなりません。つまり、薬には副作用が、主作用の他にあるのです。
喘息と聞けば、子どもに生じる病気だと考えているかも知れないですが、今は、20歳を大きく超えた後に症状が見られる実際の例がかなり見られ、30年前と比較した場合、ビックリかもしれませんが3倍までになっているわけです。
筋肉が緊張したり頭部の血管が拡がるようなことがあると、頭痛が発症します。他には身体の健康面での現状、ライフスタイルなども引き金となり頭痛を引き起こすことがあります。
バセドウ病治療を受けている人の90%程度が女の方で、40〜50歳代の方に多く見られる病気だということと、手指が冷たくなったり鬱状態になったりすることから、更年期障害だと診断されてしまうことが良くある病気だそうです。
どんな時も笑顔を忘れないことは、健康のためにも良いことがわかっています。ストレスの解消は当然の事、病気の改善に繋がるなど、笑うことにはにわかに信じがたい効果が期待できます。

発見のタイミングが遅れてしまうほど、死亡の確率が高くなってしまう肺がんの重大なデンジャラス因子は煙草で、毎日タバコを吸う人が肺がんに罹る割合は、煙草を嫌う人と対比して、少なくとも5倍以上だそうです。
パーキンソン病の初めの段階で多いのが、手足の震えとのことです。加えて、筋肉の硬直とか発声障害などが見受けられることもあるらしいです。
心臓疾患内においても、動脈硬化が元凶となって発症する虚血性心疾患は、段階的に多くなっているようで、その代表症例の急性心筋梗塞は、約20%の人が死亡する疾病です。
ちょうど良い時間帯に、目をつぶっている場合でも、全然眠くならず、それが原因で、日中の生活の質が下がるような場合に、不眠症だと診断が下ります。
生活習慣病につきましては、高血圧であるとか肥満などが典型で、元々は成人病と名付けられていたのです。油っこい物の摂取、酒の無茶飲みなど、結局のところいつもの食事環境が想像以上に影響しているとのことです。

多種多様な症状が出現する中で、胸部で痛みが発生する場合は、生命を左右する病気に襲われていることが多々あります。痛みが出始めた時期はいつごろか、どの部分でかなり痛むのかなど、ちゃんと医師にカミングアウトすることが必要不可欠です。
乱暴に下痢を食い止めると、体にウイルスもしくは細菌が残り、もっと悪化したり長い間続いたりするのと同じように、現実的には、咳は無理にとめない方が良いと言われています。
膠原病と言いますと、各種の病気を表わす総称だそうです。病気に基づいて、そのレベルであったり治療方法が異なりますが、今のところ臓器を形成している細胞の、異例の免疫反応が影響を与えているらしいです。
胃がんに罹ると、みぞおちのあたりに鈍痛が発生することが多いようです。押し並べてがんは、当初は症状が出ないことが少なくないので、看過してしまう人が多いのです。
自律神経とは、自身の意思に制約されることなく、自然に身体全体の働きを一定に管轄する神経で、「自律神経失調症」と呼称されるのは、その働きが悪化する病気です。